ゆるキャラグランプリ2018 カパルが優勝 大人気でファンが後ろを付いてくるキャラクター

ゆるキャラグランプリ2018 優勝はカパル(埼玉県)そしてGP勇退との話

ゆるキャラグランプリ2018の優勝が埼玉県志木市文化スポーツ振興公社の「カパル」に決まりました。

カパルは様々なイベントで見かけるおなじみのキャラというイメージがあります。ファンも多く、たくさんの人が写真を撮ったり、ツーショットをする姿を見かけました。

 

キモヲタカッパで10年以上放置だったらしい・・

公式ではキモヲタカッパと言われてますが、個人的に見かけるカパルはとても人気があり、カパルのうしろをファンがぞろぞろと付いてくるといった印象でした。初めにカパルを見たのは、たぶん岐阜市の柳ケ瀬商店街で、当時柳ケ瀬の非公式キャラ「やなな」と絡んでる姿だったと思います。

今回のゆるキャラグランプリでも組織票でYahoo!IDも1万以上取って投票したりだとか様々な問題というか、今年も相変わらずやねーという感じの展開が続いていましたが、カパルが逆転?という結果に。

たしかカパルは最後のゆるキャラグランプリ参加!みたいな感じだったので、有終の美を飾れたといったところでしょうか。

カパルってどんなキャラ?

市内に古くから伝わる河童の民話をモチーフに誕生。
にも関わらず、すぐにお蔵入りして10年近くも放置されるという黒歴史を持つ。
H23年に復活三次元化してからは振舞きゅうりをしながら飛び回る。
キモヲタカッパ

引用:ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。